はじめての家族葬in鎌ヶ谷市

トップページ > 鎌ヶ谷市の家族葬について > 鎌ヶ谷市で家族葬が本当に向いているのは

鎌ヶ谷市で家族葬が本当に向いているのは

鎌ヶ谷市がある千葉県でお葬式を行うにあたっての平均的な金額相場は125万円というデータが出ています。
一般的に葬儀をするにあたっては200万円ほどお金がかかると言われてきたことを考えると、125万円は安い方と感じるかもしれませんが、遺族にとってお葬式を出すにあたっては、お通夜と告別式だけの費用にとどまりません。
その後、毎週ごとにお逮夜のお参りがあり、そのたびに僧侶にお布施やお車料、粗飯料などを渡す必要があり、お逮夜で必要になるお金だけでも数十万円は軽くかかります。
さらに、四十九日で納骨をするとなると、親族にも集まってもらい、その際の僧侶に渡すお布施はいつものお逮夜よりも多く包まなければなりません。
僧侶へのお布施は気持ちということになっていますが、実際には相場とされる金額はほぼ決まっています。


鎌ヶ谷市も例にもれず、最近は家族葬がメインになっています。
家族葬として完全に親族だけを呼び、葬儀のあとご近所に知らせるのであれば、費用を抑えることが出来るかもしれませんが、家族葬でも生前にお付き合いがあった方から、お参りさせていただきたいという連絡をもらった時に受け入れると、それならと一緒に来てくれる人が出てきます。
結果的には一般葬と変わらなくなり、家族葬だからといって費用が安くなるわけではないという可能性も考えておく必要があります。
そのため、家族葬と一般葬の線引きが非常にあいまいになり、参列していいものかどうかで迷う人も出てくることになってきて、葬儀の準備で慌ただしい時に問い合わせの電話がかかってくるなど、混乱に拍車をかける要因になることも考慮すべき点です。


親族が多ければ、家族葬といってもかなりの数になります。
夫側と妻側とに親族がいて、子供に孫、さらに兄弟姉妹につながる縁者が家族葬の対象者になるからです。
そうなると、通夜振舞いもそこそこの料理を揃えなくてはならず、祭壇を飾る式場もある程度の大きさの場所を確保する必要があります。
家族葬は、身内だけでも広い式場が必要なほど多くの参列者が見込まれるときにこそ、完全に誰にも知らせずに行うことが大事かもしれません。
そうでないと、それぞれの家族に連なる関係者にまで広がり、もっと多く参列者が来てくれるからです。
費用を抑えるというよりは、どこの誰かがわからない人まで参列してもらうのを防ぐために、親族が多い人ほど家族葬が向いているといえるでしょう。
遺族が集まってくれて葬儀を行うだけでも大変なので、むしろ親族が多い人ほど家族葬でよかったと感じるのかもしれません。

次の記事へ

先頭に戻る