はじめての家族葬in鎌ヶ谷市

トップページ > 鎌ヶ谷市の家族葬について > 家族葬は従来の一般葬と何が違うのか

家族葬は従来の一般葬と何が違うのか

最近はさまざまな葬儀プランが用意されているため、自分に合ったものを選ぶことが可能ですが、鎌ヶ谷市などの都市部で需要が高まっているのが家族葬と呼ばれるプランです。
しかし家族葬は比較的新しいスタイルの葬儀なので、具体的に、従来の葬儀と何が違うのか分からないという方も多いでしょう。
従来の葬儀スタイルは、一般葬と呼ばれており、参列者の規模が大きいことが特徴となります。
一方で家族葬は、参列者を家族や親戚などのごく親しい方たちだけに絞って小規模に行うのが特徴であり、その点が従来の一般葬との基本的な違いだと言えるでしょう。
具体的な参列者の人数については、従来の一般葬の場合は100名を超えることも珍しくありませんが、家族葬の場合は数名~30名程度の規模になるのが普通だと言えます。


家族葬と一般葬の基本的な違いは参列者の規模の違いだと言えますが、そのことによって生まれるメリットもそれぞれ異なります。
まず一般葬のメリットは何かというと、それは豪華な葬儀に出来ることや、一度に多くの方とお別れが出来るということだと言えるでしょう。
ですので一般葬は、出来るだけ立派な葬儀にしたい場合や、生前に付き合いが多く、社会的な人間関係をより大切にしたい場合などに向いていると言えます。
一方の家族葬のメリットとしては、身内だけのアットホームな葬儀に出来ることや、参列者の対応に追われる必要がないことが挙げられます。
家族葬の場合は、気心の知れた方たちだけの葬儀になるため、それほど気を遣う必要がありませんし、参列者の人数が少ないため、その対応で疲れることもないと言えるでしょう。


家族葬と一般葬は、費用面でも違いがあります。
まず一般葬については、葬儀本体費用は100万円を超えることが多く、飲食接待費と寺院費用を含めると総額で200万円程度になるのが相場です。
一方の家族葬は、葬儀本体費用は50万円程度であり、飲食接待費と寺院費用を含めると総額で100万円程度になるのが相場でしょう。
ですので、これらの支出だけで見ると、家族葬は一般葬の半分程度の費用で済むということになりますが、葬儀には香典収入もあるためその点も考慮する必要があります。
一般葬の香典収入は90万円程度になるのが相場だと言われているため、実質的な総額費用は110万円程度になると言えるでしょう。
しかし家族葬の場合は参列者が少なく、香典収入はほとんど見込めないため、総額である100万円をそのまま支払う必要があります。
そのため実質的な葬儀費用は、家族葬と一般葬ではあまり変わらない場合もあるということが言えるでしょう。

次の記事へ

先頭に戻る